トップイメージ

クレカを解約するという行為そのものは呆気にとられるほど取っ付きやすいことではありますが、機能停止する場合考えておきたいいくつかの留意点なども理解しておくだけで、カードの契約失効などもトラブルなしに完了させることが可能になるはずです。

留意すべき事柄を整理しましたため出来ればご一読してみてほしい。

カード登録した後時間をおかずいきなり解約するのは御法度:カード会社登録した直後即座に手に入れたクレジットカードを試用不可能化してしまったならば信頼できない人間などというように取り扱い会社の評価において認定されてしまう意図せぬことがあり得ます(特殊な例として度々発行→機能停止というやり取りを行ったという場合)。

特筆すべきは申請時のギフト券のプレゼントのゲットが目的である場合プリペイドカードや優待券というふうな契約した時の特典を残らず回収した瞬間すぐに契約解除の実行をしたくなってしまう気持ちももっともです。

とは言うものの、カード会社の視点において推察すると計算高い利用者に関して絶対自社ブランドの与えるクレカを持って欲しくないなどというように判断するのは納得するしかないでしょう。

つまり、入会時のプレゼントだけを目当てにクレジットカードを登録した時でも即使用取りやめに行わずにまず1年の半分、より安全を期すならば登録後365日の間はクレジットカードを使用可能な状態にして契約解除の電話はその後で行うというような工夫をお薦めさせて頂きます。

また登録特典だけに限定されず、登録して財布に入れてはみたとは言えいつ使えばいいかわからないので早く契約を解除したいなどと考えてしまう様なケースまず発行してから半年以上はそのカードを持ち続けて頂きたいと思います。

カードをもらうが予想するよりもクレジットを始めから用意する用のマージンや手間は避けられないものですので、せめてもの手間を減らしてあげようというように少し気を遣って下さることが出来ればお互い気持ちよくなれるのではないでしょうか。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.roughhousedesign.com All Rights Reserved.