トップイメージ

為替介入というのは聞いた事がありますか?日本銀行が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞記事、雑誌、テレビ、ヤフー等の報道記事で見かけた方もいると思います。ポリピュア

初めから為替の介入といえば我が国においては、◯大臣(財務大臣)為替のレートの沈着を保つように行なう手段と評価されています。ニコノン

簡潔に言えば、極端な円高または円安になった時に財務大臣の指令が出ると中央銀行(日本銀行)円の売り買いをして為替のレートの安定をさせる、といったことです。サプリメント

外国為替市場介入(為替介入)とはいくつかやり方があるのです。http://artbusker.com

1.単独介入・・・行政や中央銀行(日本銀行)が東京市場で自主的に市場に参入して介入を行なう。

2.協調介入・・・多くの銀行などが話し合ったうえ各々の銀行などが資産を活用して一斉にもしくは続けて為替介入(外国為替平衡操作)を行なう。

3.委託介入・・・異国の銀行などに向けて介入を託す。

4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が異国の通貨当局に代わって為替介入を実施する。

このように方法があります。

どのやり方の外国為替平衡操作(為替介入)も一時的に、または引き続き市場に影響力を与えることになります。

介入のお金はさすがに国の権威をかけているのですから桁外れです。

円を基本にして説明すると、日頃は少しだけ動いている為替相場が数円の変化をするのです。

投資家の方なら過去に経験したことがあると思うのですが、今まで見込み通り含み資産(または含み損)が増加していた保有高を持っていたのに、保持しているポジションが決済したとの報告がFX業者の人間の発信でEメールが来ました。

いくらくらい儲けが出たのかな(損益が出たのかな)?と気にしながら決済の情報を見ると自身が思っていた結果とは正反対の事態となり驚いたというパターンがあります。

為替介入が実施された時によく起こることです。

為替介入(外国為替市場介入)が行なわれると、市場の変動と真逆の動きをします。

しかも変化する金の範囲は非常に大きく動きますので用心しましょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.roughhousedesign.com All Rights Reserved.