トップイメージ
キャッシングの返済で多く設定されていたりするのがリボといった形式です。現在では一括引き落しをなくして、リボルディング払いのみのクレジットカード会社もあります。なぜかというと、一括払いの金利では会社の利益率が少ないのでリボ払いを設定して収益を持ちあげるという狙いだからです。おまけに利用者もリボ払いでの返済の方がピンときやすくちゃんと支払いできるということで便利に思う人もたくさんいるのです。ですが、これというのが返って借り過ぎてしまうような事になってしまうことがあったりします。最初、カードローンをするに至った際は誰もが緊張するはずだと思います。というのもキャッシングというものは人からお金を借りることになりますので、他人さまから借財するというのはやはり嫌なのです。しかし一度利用してしまうとそのあっけなさから判断を緩めてしまって、上限一杯に達するまでお金を出してしまうといった方が多いのです。また、数ヶ月間返済が完了して幾分か枠が出来たという際に再び借入してしまう。こういうのが借入の悪循環です。リボルディングはその性質上小刻みにしか元本が減少していかなかったりします。つまり、こういった行動をすると未来永劫延々と支払わなければならないことになってしまいます。そんなことにならないよう、ちゃんとそのとき必要な範囲でしか利用しないという断固たる意思と、計画的な思考が重要なのです。こうした場面で心配されるのは万が一使用しすぎてしまったという場合どうなってしまうのかということですが、受け取ったカードの限度額はその人に個別に設定された上限枠なわけですから、もし限度額一杯まで使用したとしても、支払いがしっかりとされているのならば口座が利用不可能になることはないと思います。ポイントのようなものが付いていく種類のカードの場合使った分のポイントは貯まっていくようになっています。カード会社の立場では願ってもない利用客になるのです。しかし、引き落しが何度か遅滞するようだと与信が悪くなります。ひどい場合口座の凍結などの処遇が取られる場合もあるのです。サービスがなくなっても、当然のことながら完済まで返済を続ける義務があります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.roughhousedesign.com All Rights Reserved.