トップイメージ

フリーローンの支払方法というものは、クレジットカード会社各個でだいぶギャップというものがあって、いろいなやりようがとられてます。

一般的なところではスライド方法やリボ払い法が多いようです。

こうした誰でも知ってるリボルディング払いですけれども実は計算方法におおくの法というものがあったりします。

それ故しかよう種類により引き落し金額が違ってしまうわけですので知っておいて損はないと思います。

ではやさしく両者の手法の差異についてを説明します。

一つは元金均等払いというもので、その次は元利均等払いです。

これらはその名を冠する通り、元本について均一に支払っていくというものと、元本と利子を合わせて一様に返済していく様式です。

今回は仮に10万円をカードキャッシングしたというふうに、実際如何様な勘定をしていくのかみてみましょう。

利分に関してはどっちも15%と仮定して試算します。

それとリボルディング払に関する引き落としは1万円とし考えます。

最初に元金均等払いです。

かかる折の1度目の引き落しについては1万円へ金利分の1250円を足した支払となります。

その次の引き落しは1万円に対して利子1125円を加算した支払いへとなるのです。

こういうようにして10回にて支払を終えるという形式になります。

一方、元利均等払いというのは初回の返済については1万円でそこから元金へ8750円、利子へ1250円と言うようにして割り振ります。

次回の支払については元本が8750円へと減った状態で利子を勘定し、その1万円を更に分配します。

すなわち、元利均等払いの事例では10回で支払が完了しないといった算定になってしまうのです。

これだけの相違で二者がどれぐらい相異なっているかがたっぷりわかったと思います。

元利均等というのは元金均等と比較して、まぎれもなく元本が縮小するのが緩慢と言う非といったものが存在するのです。

詰まるところ利率といったものをおおく出すという状態になってしまうのです。

一方で、1回目の支払いが少額で済んでしまったといった利点もあったりします。

こうした引き落し方法などのギャップに応じて、引き落し合計額というものが違ってきますからあなたの計画に合った計画を取るようにしてください。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.roughhousedesign.com All Rights Reserved.