トップイメージ

突然起こってしまうのが車の事故です。

その状況でどのように判断したことにより自動車の保険料の支払額も相当変わってくる場面も予測できますので冷静な考えと行動力が必要です。

予想外のアクシデントにあって気が動転してしまうのならば場面を見過ごしてしまい後々自分自身がかなりの損をするケースも予測できるので車の事故を起こした時には冷静に次に記述した作業するとよいかもしれません。

自動車事故の遭遇した時に第一にする必要があるのは重軽傷者の有無を確認する必要があります。

乗用車の事故のすぐ後は何も出来ない状態になってしまう場合があり直ちに対応できないのが当然です。

重軽傷者がいた場合は危なくない地点に運んでから手当てを行って、周囲に助けを求める等人命救助の最優先に努めることが大事です。

救急車を呼ぶ場合には正確な現場を知らせ不確かな状況では周辺の目に留まったお店や場所名を伝えてその位置が分かってもらえるようにします。

2番目に110番に通報して、自動車事故があった事と様子を話します。

救急車と警察の到着を待っている時間に相手側の身元をチェックします。

名前、連絡先、免許ナンバープレートの番号、相手側の自動車保険の会社名などなど相手だけでなく自分のことを伝えます。

この時事故の相手に違反がある場合はその場所で片付けようとする状況が考えれますが処理するのではなく、どの状況であれ警察や保険屋さんに届け、平等にチェックしてもらう事が欠かせません。

それぞれの連絡先を教えたら他者の障害になることをやめるために邪魔な物を道路の上からどけます。

万一被害が他の車の邪魔となっている状況なら、お互いの情報交換をするよりもこの対応を完了させても問題はないです。

ここで自分自身の保険会社に連絡を入れて車での事故が起きた事を報告します。

自動車事故から特定時間内に保険会社に連絡しておかないと自動車保険の適用除外となる場面もありえますのでできるだけすぐに電話をすることが大切です。

可能であれば事故の現場の手がかりとして携帯などで状況や愛車の破損を見ることができる写真を写しておきます。

その証拠写真は過失のパーセンテージ決める時にとても大きな手がかりとできるので己の自動車や相手方の自動車の破損を正しく写真に残しておくことが大事です。

この際に他の人がいたとしたら警官や自動車保険会社が到着するまでその場に待って頂けるように話しておくことも大事です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.roughhousedesign.com All Rights Reserved.